FUNCTION | ワンダフルはこう機能する。

  •  自分の欲しいこと・やりたいことを「他者に任せる」というのは、相当なリスクを伴う行為です。人にモノを頼んで上手くいかなかった例は数え切れないほど有る。というのは、現実を相手にビジネスをしている方なら痛感しているはずです。一方で、デザインや広告制作・編集やWeb制作の業界は、この「他者に任せる」という仕組みを取り入れて成り立っています。

     資本力のある企業が、フレームとロジックと資金を用意して、現場を「他者に任せる」というリスク回避の方法論=アウトソーシングです。ひらたく言えば、下請け・孫請けと「他者に任せる」を重ねてビジネスを組み立てているわけです。一方でこのアウトソーシングには「リスクを増加」させる側面も有ります。この身に染みない言葉の表層に惑わされる実態=弊害とは「現場の痩せ細り」です。

     物事はフレームとロジックだけで立ち上がるのではありません。フレームを構成する柱と柱の間を、きっちり埋める「働き」が必要なのです。フレームとロジックだけでは、物事は密度をもって完成しないのです。ブランディングやマーケティングの観点から、デザインと制作を大きく捉えてロジックを用意しフレームを設計する。そのこと自体には異論はありませんが、ワンダフルは「デザインと制作」の現場に足場を置いて、依頼された案件を密度と完成度のあるカタチして着地させることに注力しています。

     ビジネスという枠組みの中で、「デザインと制作」はブランディングやマーケティングとの関わりを持ちつつ成立しています。それを自明なコトとしつつ、求められるコンテンツをソリッドな構築物として立ち上げる。フレームとフレームの間をキッチリと埋めていく。「デザインと制作」に特化した集団として、ワンダフルはアウトソーシングの宿命である「現場の痩せ細り」を埋められる「働き」を提供します。

contact